スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    2ちゃんねる、警察の削除要請1000件放置で来週にも運用停止の仮処分

    ニュース comments(0) trackbacks(0)
    さようなら、2ちゃんねる

    2ちゃんねる、警察の削除要請1000件放置

     インターネット掲示板「2ちゃんねる」が、警察当局からの書き込み削除要請を過去に1000件以上放置していたことが、警察関係者への取材で分かった。  警察当局によると、違法行為に関わる書き込みで、運営者に通報しても削除されなかったケースは2010年上半期だけで約2000件。そのうち1001件が2ちゃんねるだった。  2ちゃんねるでは、「削除ガイドライン」を公表し、誹謗(ひぼう)中傷や他人の投稿への妨害など、削除する対象を細かく規定。該当するかどうかは「削除人」と呼ばれる担当者が判断し、対応している。明確な犯罪行為に関する書き込みについては「証拠保全」を理由に、管理人が判断したケース以外は削除しないと主張しているが、警察幹部は「要請の段階で証拠は押さえている。薬物の蔓延(まんえん)を防ぐために即刻削除に応じてほしい」と訴える。  削除要請が放置されている現状について、「伝統的に削除を嫌う風潮が影響している」と見るのは、創成期に削除人を務めていた男性だ。「削除人の間では、削除しすぎると強い批判を受けるため、削除に慎重な雰囲気が育っていった」と振り返り、「そうした空気は、削除人を解任する権限をもつ管理人らの意向に左右されていたのでは」とみる。  「書き込む側の権利を尊重し過ぎ、削除を避ける傾向があったが、その被害を省みるべきだった」と、男性は2ちゃんねるの仕組みを批判した。

     2ちゃんねるの削除人というのがボランティアとはいえ中立ではないというのは今では誰でも知っている。ボランティアというと聞こえがいいが、無給無償でやっているわけがなく、その実体は広告代理店や企業のIT担当社員が行っているに過ぎない。彼らの仕事は自分らの企業や組織、顧客企業にとっては都合の悪いスレッドを削除するために存在している。ニュース速報板でソニーからみて都合の悪いスレッド、「ゴキブリ」「GK」とついたスレッドがソニー信者への「俗称」で誹謗中傷、名誉毀損にあたるとして速攻で削除されるのはそのためだ。反対に「チカニシ」「痴漢」「妊娠(任信)」というスレッドは削除されないでいつまでも残る。つまり、薬物関連のスレッドが削除されないのは、彼らの業務範囲外だからにすぎない。  本来、名誉毀損というのはガセ情報などウソの書き込みに対するものだが、たとえば事実を書き込まれても「誰がもらしたんだ」「けしからん、ムカつく」などといって名誉毀損で削除対象になる。 「2ちゃんねる」削除人 削ジェンヌが逮捕 までの流れ

    某匿名掲示板wで覚せい剤物の取引を示唆するレスが多数見つかる ↓ 警察が削除依頼 ↓ 削ジェンヌ★ 「ガイドラインを読み直せボケが」 ↓ 警察「犯罪を示唆する書き込みを消せる環境にある立場の人間が書き込みを消さないのは幇助に当たります」 ↓ 削ジェンヌ★ 「はぁ?ここは2ちゃんねるなの2ちゃんねる。そっちのルール押し付ける前に2ちゃんのローカルルールを守れ」 ↓ その後、再三に渡って警察が削除依頼するも難癖付けて消さない削ジェンヌ★ 雑談スレ等に「あたし、国家権力を屈させてるわ今w」と実況 ↓ 逮捕

    絶対領域は警察には通じません 2ちゃんねる、警察の削除要請1000件放置で来週にも運用停止の仮処分
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM